2014年02月22日

2月22日:マイヨール(札幌)

本日はホテルで優雅にフレンチを頂きました。
北海道らしくエゾシカフェアの特別メニューに挑戦です。

DSC02637.jpg

前菜です。右上から時計回りにキッシュ、マリネ、テリーヌ、生ハムです。
テリーヌは大粒の魚が入っており、刺身を食べているような存在感でした。

DSC02638.jpg

バターを二つもつけてくれるところにホスピタリティを感じます。

DSC02639.jpg

お待ちかねのメイン「蝦夷鹿内もも肉のクレピーヌ包み焼き根菜とゴルゴンゾーラのドフィーネ添え」です。
クレピーヌとは家畜の胃の周りにある網脂を指すようです。
蝦夷鹿肉の力強い味、食感、風味を活かし仕上げたというメニューの説明に違わず、まさに野性味溢れる肉肉しさです。
根菜のパイ包みは薩摩芋メインで、ゴルゴンゾーラでもくどくなく、グラタン風味でまろやかでした。

DSC02641.jpg

食後のデザートです。
上の層は生クリーム味で、フロマージュのようなふわふわしっとりの食感です。
下の層はプリンで、底にはカラメルソースも入っていました。

野性的で且つ優雅な午後のひと時でした。
ご馳走様でした!

posted by いもこ at 21:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。