2014年02月23日

2月23日:旬のお料理・釜飯 いちえ

本日は恵庭の釜飯専門店「いちえ」に伺いました。
注文後に生米から炊きあげて提供されます。

DSC02649.jpg

写真はほたて釜飯です。ほたての甘辛煮がたくさん入っています。
貝柱はもちろんヒモ、卵、鰓すべて大きく、食感も味もなかなかです。
ご飯はベーシックな醤油系でほのかに甘めの海鮮風味です。

複数の釜を股にかけ色々つまんでみましたが、具材によって御飯の味が違ってきます。
鶏釜飯は鶏五目御飯、かき釜飯は牡蠣の風味濃厚で、牛カルビ釜飯は韓国風、いちえ特製釜飯は山菜の風味が利いています。

1000円を切る安価で具材がここまでたっぷり入り、食後にこの満腹感であればかなりのコスパです。
ご馳走様でした!

posted by いもこ at 16:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

2月22日:マイヨール(札幌)

本日はホテルで優雅にフレンチを頂きました。
北海道らしくエゾシカフェアの特別メニューに挑戦です。

DSC02637.jpg

前菜です。右上から時計回りにキッシュ、マリネ、テリーヌ、生ハムです。
テリーヌは大粒の魚が入っており、刺身を食べているような存在感でした。

DSC02638.jpg

バターを二つもつけてくれるところにホスピタリティを感じます。

DSC02639.jpg

お待ちかねのメイン「蝦夷鹿内もも肉のクレピーヌ包み焼き根菜とゴルゴンゾーラのドフィーネ添え」です。
クレピーヌとは家畜の胃の周りにある網脂を指すようです。
蝦夷鹿肉の力強い味、食感、風味を活かし仕上げたというメニューの説明に違わず、まさに野性味溢れる肉肉しさです。
根菜のパイ包みは薩摩芋メインで、ゴルゴンゾーラでもくどくなく、グラタン風味でまろやかでした。

DSC02641.jpg

食後のデザートです。
上の層は生クリーム味で、フロマージュのようなふわふわしっとりの食感です。
下の層はプリンで、底にはカラメルソースも入っていました。

野性的で且つ優雅な午後のひと時でした。
ご馳走様でした!

posted by いもこ at 21:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

2月19日:吉野家(初台)

いつもお米が食べたくなった時には「吉野家」に伺います。
あの独特の雰囲気には癒されるものがあります。

今日は、いつもと違い、意を決して「肉下」を頼んでみました!
ご飯とお肉が反対になった牛丼です。
店員さんを困惑させてしまいつつ、半熟卵と一緒に頂きます。

DSCF4921.jpg

これが届けられた時です。
ほんの少し見える牛肉がかわいらしく思えてきます。

DSCF4922.jpg

卵をかけてみました。

ご飯の旨みとつゆご飯のジャンクさが同時に楽しめますし、
醤油をたらして卵かけご飯にすると、箸が止まらないほどです。
ご飯の中から牛肉を取り出すと、いつもよりジューシーで満足感が高いです。

アブノーマルではありますが、次も頼んでしまいそうです。
ご馳走様でした!
タグ:肉下 吉野家
posted by いもこ at 09:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。